ホーム / イベント一覧 / タロー・デ・パリ カードの物語 〜パリをご一緒に〜
  • ネットショップ
  • 今日のアンビエンテ
  • アンビエンテ株式会社・代表フルード貴子のオフィシャルブログ
  • 月刊貴子
お友達に共有しよう!
タロー・デ・パリ カードの物語 〜パリをご一緒に〜
タロー・デ・パリに登場する彫刻、建物、ロケーションが選ばれた経緯や思いを聞きながら、フィリップ氏のガイドでご一緒にパリを旅しましょう。
秋から新しく始まるシリーズ。ここ何年もフィリップ氏から習えるチャンスはなかったのですが、創始者から直接聞きたいという声が多数あがり、そのリクエストに答え、フィリップ氏がカードにまつわる話や意味あい、背景などの話を直々にお伝えするロマンあふれる講座です。カードで使われた実際に存在するパリの建物、彫像に隠された秘密をぜひお聞きください。きっと1枚1枚のカードが身体に染み込むように理解できてくると思います。
■パリを巡る〜カードの物語■
タロー・デ・パリ創始者であるフィリップ・トーマス直伝のストーリーテリング。
カードに登場する彫像、建築物、ロケーションなどが選ばれた経緯、そこに込められた思い、
制作秘話なども
交えながら、カードの世界に誘います。

クリエイターから直接カードのエネルギーを受け取れる絶好の機会です。
78枚の中からその場に登場したいカードたちのお話しとなります。
パリを旅するかのように、パラレルワールドを楽しみにいらしてください。

タローデパリ78枚.jpg


architecture-1852928_640.jpg
architecture-1850676_640.jpg
フィリップ トーマスPhillip Thomas
米国出身。11歳の時、体外離脱体験をしたのがきっかけで精神世界探求がはじまる。アートと音楽を携えて18歳から世界を旅し暮らしていく中で、各地の文化、思想、伝統工芸などと出会い独自のエッセンスを加えた物作り、アート制作や音楽活動を実践。その中でも’81年に南仏とパリで遭遇した衝撃的な体験から生まれたカードとシステムは彼の人生を未知の世界へと誘うライフワークとなった。’82年にバリ島で生涯のパートナーとなる美香と出会い、日本との縁が非常に濃くなる。 2002年に英語版Tarot de Parisが出版され、更に2008年にはナチュラル・スピリット社から日本語版も出版され、日本でのタロー・デ・パリ講座やセッションを数多くこなしてきた。数多くあるタロットカードの中でも、絵柄のデザインとシステム概念の両方を一人のクリエイターが制作したケースは稀である。創始者ではあるがそれに留まらず、カードとシステムから常に新たな発見と情報をダウンロードし、日本とのコラボで進化を遂げている。 現在27年間のマウイ生活をあとにして、妻・美香と共に2015年より拠点を京都に移し、日本からの情報発信と意識拡大に貢献できるようセミナー&コンサルテーションなど精力的に活動中。

オフィシャルサイト:http://www.tarotdeparis.com/home-1/